京都からお越しの痙性斜頸の患者様。【鍼灸治療】

痙性斜頸 鍼灸治療

どうも!

今回は、痙性斜頸の患者様について書かせていただきます!

京都から車で3時間かけて、来院していただいております。

5年前に痙性斜頸を発症し、どこに行っても改善されず、当院へ来院したとのこと。

顔が左に向き、年々症状が悪化し、首肩の痛み、頭痛など、他にも様々症状を抱えておられます。

当院の鍼灸治療を初めて受けてから、1~2日間は首の緊張がマシだったようです。

不随運動はあるものの、頻繁にあった頭痛と目の奥の痛みは、1周間の間(次の鍼灸治療まで)なかったそうです。

鍼灸治療を受けて、前回で2回目ですが、身体のコリが取れるたびに、頭痛など抱えている症状が軽減されていきます。

他に抱えている症状が軽減されることで、首の不随意運動も軽減されます。

首の症状が改善したら、以前のように買い物をしたいとのことです。

その目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!

関連記事

  1. ミルフィーユ理論を痙性斜頸(ジストニア)の患者様で例えます。…

  2. ジストニア 鍼治療

    眼精疲労と目の疾患について 【ジストニア】 鍼灸治療

  3. 難病についての疑問

    ジストニアについて

  4. 痙性斜頸 鍼灸

    痙性斜頸(ジストニア)患者様の症状経過。【鍼灸治療】

  5. 痙性斜頸 鍼灸治療

    痙性斜頸の症状130→30%へ。【鍼灸治療】

  6. ジストニアは、年々増加傾向。【鍼灸治療】