ぎっくり腰には要注意を【鍼灸治療】

腰痛 鍼治療

どうも!

今回は「ぎっくり腰」について、書かせていただきます!

突如、腰に痛みを発症するぎっくり腰。

野放しにすれば症状が悪化し、坐骨神経痛も発症するケースがあります。

そもそもぎっくり腰は、腰が捻挫をし、炎症反応が起こっている状態です。

よく聞かれるのは、腰を温めたらいいのか、冷やしたらいいのか迷われる方が多いです。

色んな説がありますが、私は冷やすことをオススメします。

炎症反応を起こしているので、温めると更に悪化するので、痛みを誘発します。

また、ぎっくり腰で、整体院に行った後に、余計に立てなくなったという事例もあります。

これは、腰を更に緩めたことにより、悪化するパターンです。

どの症状にも言えることですが、必ずしも局所に原因があるとは限りません。

脚や背中の動きが悪くなることにより、腰痛を発症するケースもあります。

なので、原因が脚や背中にある場合に、腰を緩めると、原因があるところに引っ張られ、腰痛を更に悪化することもあります。

なので、急な痛みほど、慎重に施術をしなければなりません。

当院では、腰にあまり鍼灸治療をせず、末端から鍼を打ちます。

原因は、末端に隠れていることが多いです。

安全かつ、早期に改善を目指していますので、腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ぎっくり腰 鍼灸

    炎症反応(ギックリ腰など)がある疾患が1番注意が必要。【鍼灸…

  2. 腰痛 鍼灸治療

    腰痛の改善『原因は腰だけではない?』【鍼灸治療】

  3. 肩こり腰痛 鍼灸治療 口コミ

    肩こり、腰痛の改善【鍼灸治療】

  4. 鍼灸治療

    手足の指の間も、実は凝っています。【鍼灸治療】

  5. 腰痛 鍼灸治療

    腰痛の改善【鍼灸治療】

  6. ギックリ腰 鍼灸治療

    ギックリ腰の症状の改善【鍼灸治療】