手足の指の間も、実は凝っています。【鍼灸治療】

鍼灸治療

どうも!

今回は、手足の指の間のところに注目して書かせていただきます。

言わば、水かきの部分ですね。

あまり自覚症状(痛い、凝っている)などを感じない方が多いかと思います。

もしかしたら、長年あなたが抱えている症状は、指の間が硬くなっているのが原因なのかもしれません。

指の間にも、東洋医学的にツボが明記されており、ツボの中でも重要な位置に指定されております。

指の間が凝っていると様々な症状を引き起こします。

例えば、足の間が凝っていると、股関節や膝の可動域が悪くなり、痛みを発症したり、手の指の間が凝っていると、肩関節の可動域が悪くなり、四十肩、五十肩にも繋がる恐れがあります。

また、最近気づいたのですが、それ以外にも、指の間を緩めると、頭皮の凝りや首肩凝りにも効果があることが分かりました。

もしかすると、症状の原因は指の間にあるのかもしれません。

関連記事

  1. 腰痛 鍼灸治療

    腰痛の改善【鍼灸治療】

  2. 肩こり 手のしびれ 鍼灸治療

    3ヶ月ぶりにお越しになられた、患者様の症状経過について【首肩…

  3. 背中の治療

    20年間、背中の痛みが取れない患者様

  4. 肩こり腰痛 鍼灸治療 口コミ

    肩こり、腰痛の改善【鍼灸治療】

  5. 首の痛み 鍼灸治療

    首の痛みの軽減 【鍼灸治療】

  6. 腰痛 鍼治療

    ぎっくり腰には要注意を【鍼灸治療】