ギックリ腰の治療

ギックリ腰の治療

どうも!

今回はギックリ腰の患者様について、書かせていただきます!

発症して、3日が経ち、痛みが1番辛いとのことで来院。

座る、立ち上がる、歩く全ての動作が痛いとのことです。

腰痛の80%は、原因不明と言われております。

レントゲンを撮っても異常なし。

ジョースター鍼灸院に来院する前に、整形外科で診てもらって「筋膜性腰痛」と診断。

骨、神経は問題ないとのことです。

何も処方されなかったので、こちらで治療をすることになりました。

どこに原因があるのかを探すのが、施術者の腕にかかります。

人を治すのって相当難しいですけど、その分、喜びは大きいものです。

早速、仰向けから治療に入ります。

私の場合は、痛いところから入らず、周りの筋肉を緩めてから治療に入ることが多いです。

それは何故かと言いますと、緩めてない状態で身体を動かすと、より炎症反応が強くなる可能性があります。

ギックリ腰の場合、1番やってはいけないことは、筋肉を緩ませる前にボキボキと鳴らす手技をすることです。

整体院、整骨院で、たまに悪化した話を聞きますが、そのような背景があるのかもしれません。

一概には言えませんが。

触診してみますと、大腿部外側面(太ももの外側)に、強いハリ感と硬結がありました。

大腿部の外側面が動かない為、臀部や、足の曲げ伸ばしをする時に、痛みが走ると考えています。

鍼に低周波を流して、筋肉を緩めます。

低周波と聞いて、電気痛いのでは?と思うかもしれません。

ビリビリと痛いものではないですし、電気の強さを調節できるのでご安心下さい。

電気を流すことにより、筋肉が動き、血流の流れを促進します。

大腿部外側面に打つことにより、臀部の痛みも軽減できます。

※硬結の場所の違いによって、軽減に繋がらない場合もあります。

数分流したら、今度はうつ伏せです。

足から緩ませ、最後に腰周りに打ちます。

治療後、来院した時よりも、どの動きも軽減したとのことです。

翌日も、来院して頂き、同じように治療をしました。

2回目の治療後は、歩くのにも不自由ないとのこと。

今頃、北海道で旅行を楽しんでいると思います。

季節の変わり目は、ギックリ腰になりやすいので、要注意です。

インスタグラムで、治療の動画を流していますので、チェックして見て下さい!

皆様もギックリ腰には要注意を!

関連記事

  1. 四十肩 鍼治療

    肩関節痛(四十肩)の患者様の鍼治療

  2. 腰の治療

    腰のハリ感、乾燥肌でお悩みの患者様

  3. 腰痛 鍼治療

    腰痛の原因は手にあり?

  4. 臀部痛 下肢痛の鍼治療

    臀部から下肢にかけての痛み

  5. 口コミ

    肩こり、腰痛が軽減しました!

  6. 腰痛椎間板ヘルニア 鍼灸治療

    腰椎椎間板ヘルニア患者様の症状経過について【鍼灸治療】