難病(ジストニア)だからといって、諦める必要はありません【鍼灸治療】

どうも!

今回は「難病」をテーマにして、書かせていただきます!

難病と聞いて、もう治らないと思われるかもしれませんが、そう思ってほしくはありません。

原因不明とされていることで、難病と位置付けられていますが、必ず原因は身体にあります。

難病では、主にジストニアの症状を診させていただいております。

ジストニアは痙性斜頸、フォーカルジストニアなど、症状は幅広いです。

鍼灸治療で、ジストニアが改善された方はいます。

私は、肩こりや腰痛、精神疾患、難病などの症状に大差はないと思っています。

肩こりでも毎日辛い思いをされている方はたくさんいますし、腰痛で生活に支障をきたしている方もいます。

どの症状も、改善させるのに簡単なことはありませんが、精一杯診させていただきます。

どこにいっても改善されなかった。

このようなお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 書痙 鍼灸治療

    書痙(ジストニア)の患者様の症状経過について【鍼灸治療】

  2. ジストニア 口コミ

    ジストニアの症状が軽減されました

  3. ミルフィーユ理論を痙性斜頸(ジストニア)の患者様で例えます。…

  4. 痙性斜頸 鍼灸

    痙性斜頸(ジストニア)患者様の症状経過。【鍼灸治療】

  5. 難病についての疑問

    ジストニアについて

  6. 痙性斜頸【鍼灸治療】