胸郭、背中の突っ張りを緩和させることで、腰痛の改善へ【鍼灸治療】

腰痛 鍼灸治療

どうも!

今回は、「胸郭、背中、腰」の関係性について書かせていただきます。

腰痛の患者様の特徴として、足のアーチが悪かったり、脚の筋肉が硬かったりします。

その影響で、腰痛を発症することが多いです。

東洋医学の考えでも、腰と足は密接な関係です。

足には、腰痛に効くツボ沢山あります。

また、西洋医学の考えでも、足と腰は筋膜で繋がっているので、足を緩ませば、腰痛は軽減できると考えられています。

ですが、それだけじゃ、改善されないケースもありあます。

それは、胸郭や背中にも原因があるパターンです。

胸郭や背中の動きが悪いと、いくら足を緩ませても、腰痛が改善されない可能性があります。

もともと痛みの原因は、身体が硬くてキャパ以上に動かすことにより、痛みを発症します。

胸郭、背中が硬いと腰の可動域は、とても悪いです。

自覚症状を感じていない方が多いのですが、胸郭、背中の硬さがある方は沢山います。

腰痛の原因は、腰以外にあることが多いです。

腰以外の筋肉や関節の動きをよくすることで、改善されます。

何をしても改善されない。

このようなお悩みがあればお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 腰痛 鍼灸治療

    腰痛の改善『原因は腰だけではない?』【鍼灸治療】

  2. ギックリ腰 鍼灸治療

    ギックリ腰の症状の改善【鍼灸治療】

  3. 腰痛 鍼灸治療

    腰痛のセルフケア【鍼灸治療】

  4. 腰痛 鍼灸治療

    腰の痛みの改善【鍼灸治療】

  5. 鍼灸治療

    手足の指の間も、実は凝っています。【鍼灸治療】

  6. ぎっくり腰 鍼灸

    炎症反応(ギックリ腰など)がある疾患が1番注意が必要。【鍼灸…