うつ病、不眠症、倦怠感の治療経過【鍼灸治療】

学生の体調不良 鍼灸治療

どうも!

今回は、うつ病と不眠症、倦怠感の患者様の治療経過を書かせていただきます!

治療して前回で4回目なのですが、徐々に効果が出てきています。

高校入学して間もない時に、頭がボーっとして、授業の話が入ってこなくなったとのことです。

日にちが経つに連れ、徐々に症状が悪化し、疲れているのにも関わらず、眠れなくなったり、倦怠感や動悸、あらゆる症状を引き起こしていました。

学校も時々休んでおり、勉強がしたくても身体がついていけない状態です。

秋ごろに、クリニックで「うつ病」と診断されましたが、薬などは飲んでいないとのことです。

初めて問診をした時は、うつ病の感じはなかったのですが、脳内の血流が滞っていると判断しました。

倦怠感や不眠症の方の特徴として、頭の重さがあります。

仰向けの状態で、頭だけを持ち上げると、異常に重たいです。

これは、脳内の血流が滞っていることで、疲労物質などが溜まりやすくなっている為、重さに繋がると考えています。

血流が悪くなると、思考の低下や倦怠感にも繋がります。

四月から学校が始まったのですが、今のところ無事通えているそうです。

動機もなくなり、よく眠れていると言ってくれました。

ですが、倦怠感が残っており、授業も受けれるようになったのですが、まだ万全にはなっていないので、100%の力を発揮して勉強に集中できるように引き続き、鍼灸治療を頑張ります。

若い方でも、身体の不調を抱えておられる方は沢山います。

まずは、お気軽にご相談ください。

ジョースター鍼灸院があなたの力になります!

関連記事

  1. 頭痛 鍼治療

    10年間、頭痛の患者様

  2. 身体のだるさ 鍼灸治療

    身体のだるさが取れない患者様

  3. グーグルマイビジネス 口コミ

    頭がスッキリ!クマの軽減へ!

  4. 肩こり 鍼治療

    慢性的な肩こりの鍼治療

  5. うつ病

    うつ病の患者様の鍼灸治療

  6. 自律神経 鍼灸治療

    自律神経の乱れで悩まれている方が増えています