鍼灸師は脈を診て鍼灸治療をする?

脈診 鍼灸治療

どうも!

今回は「脈」について書かせていただきます。

鍼灸治療では、脈を診てどこに鍼を打つのか決める先生もいます。

これは、脈診といって、手首の脈を診ることによりどこが悪いのか把握する触診のひとつです。

私は、脈を診ることがなく、その代わり首のコリやハリ感を診て、どこが悪いのかを把握していました。

鍼灸治療も色々な流派があり、鍼灸師によって治療法は異なってきます。

つい最近、脈診をする夢を診ました。

このような夢を見るときは、治療法の何かしらのヒントになることが多いです。

独自の治療法を追求して、今の形(首の触診、身体の皮膚の動き、鍼数は40~60本くらい)になっていますが、より患者様の症状を改善できるように日々治療法も進化しなければなりません。

脈診も取り入れて、上手く自分なりの色に染め、患者様が1日でも早く症状が改善できるように頑張ってまいります!

関連記事

  1. 鍼灸治療 栄養学

    鍼灸治療の効果を上げるには、栄養学が必要不可欠。

  2. ジョジョのTシャツ

    少し、内装のレイアウトを変えました!

  3. 阪神日本一おめでとうございます。オリックス感動をありがとうご…

  4. 患者様が当院へお越しになられるために、自転車を購入しました。…

  5. 目標

    【復活】やることが多くなると頭パンクしちゃうよね。

  6. チラシ

    更新できず、誠に申し訳ございませんでしたッ!