出雲大社~神在祭~へ参拝に行きました!

出雲大社 しめ縄

どうも!

予てより計画していました、出雲大社へ参拝に行きました!

日帰りバスツアーを利用して、往復10時間、自由時間3時間と結構ハードです。

旧暦の10月では「神無月」ですよね。

ですが、出雲では「神在月」と言います。

それは、出雲大社に八百万の神々が、集合するからです。

滅多にこのような機会に行くことがないので、とても楽しみでした。

ということで、今回参拝した内容を書かせて頂きます。

まず最初に到着したのが、「上宮」です。

ここで、「神在月」の期間中は、八百万の神々が会議をし、様々な人々の「縁」を決めると言われております。

人は、ひとりでは生きていけないので、私は「ご縁」をとても大切に考えております。

今回の参拝で、どのように変わるのか楽しみです!

続いて、稲佐の浜に行きまして、浜辺にポツンと岩があり、鳥居と社が祀られています。

その周りの砂と、出雲大社の境内にある「素鵞社(そがのやしろ)」で交換をすると、ご利益があると言われております。

その砂は、厄除けの効果もあるそうで、家の周りに撒くのが一般的です。

稲佐の浜で、砂を手に入れて、出雲大社に向かいました。

鳥居を潜ると、祓社があり、そこでまず清めてから参拝すると良いと言われております。

出雲大社の御神祭は「大国主命」です。

大国主命の銅像があり、目に前にある玉が、「幸魂、奇魂」です。

この魂は大国主命と言われており、大神神社に祀られております。

詳しく書くと、話が長くなるので割愛させていただきます。

「古事記」面白いので、興味がある方は読んでみて下さいね。

先に進むと、拝殿があります。

端にお社があり、「神在月」ならではのことがあります。

こちらは、八百万の神々が泊まられる場所で、普段は閉まっているようです。

滅多に扉が開いているのが、見られないようなので、「神在月」に参拝した際には、是非チェックしてみて下さい!

続いて、「素鵞社」です。

こちらで、稲佐の浜で、持ってきた砂と交換します。

本殿の西側に遥拝場があります。

出雲大社の御神座は正面ではなく、西を向いています。

西側に行くと、一気に空気が張り詰めているのが分かりました。

2年前も、出雲大社に参拝に行きましたが、西側に行くと突如空気が変わったのを覚えています。

当時は、知らずに参拝をしていたのですが、今となっては納得しております。

参拝が終わり、ご祈祷を受けました!

「会社発展」をお願いしまして、より認知され患者様を多く救えたらと思っております。

御札等を授かり、明日ジョースター鍼灸院の神棚に祀りたいと思います。

とても良い、お参りでした!

関連記事

  1. 祝い花

    またまた頂きました!

  2. 鍼灸治療

    鍼って痛いの?【鍼灸治療】

  3. 牡羊座

    もう2月ですね。俺のターンです。

  4. 今年もありがとうございました!

  5. 当たり前から感謝の生活へ。

  6. ゴミ拾い 松屋町

    ゴミが絶えません。